ゴルフの練習に便利な施設

練習場の特徴

足

最近、インドアゴルフ練習場が都心部で続々とオープンしています。フィットネス感覚で通えると利用者からの評判も上々のようです。会社帰りや買い物帰りに、気軽に立ち寄って練習ができる手軽さが好評です。インドアゴルフ練習場のレッスンには、何も準備する必要はありません。もちろん自分のクラブを持参して練習できますが、クラブもグローブも無料でレンタルが可能です。インドアゴルフ練習場内にはゴルフシミュレータが設置されているところも多く、実践に近い感覚で練習に励めます。シミュレーターでは飛距離や球筋、ボールの回転数等が計測でき自身のスイングの改善に大いに役立つものです。インドアゴルフ練習場では会員に入会せず施設内でボールを打ち練習をすることも可能で、レッスンプロのレッスンを受講することもできます。レッスンでは数名の受講者と一緒にレッスンプロから指導を受け、ゴルフの技術を磨いていけます。インドアゴルフ練習場のレッスンコースは入会金と月会費が必要です。インドアゴルフ練習場の相場は、屋外の練習場でのレッスンよりも若干料金は低めです。平均的なインドアゴルフ場の入会金は1万円ほど、月会費は会員のクラスによって違いがありますがマンツーマンレッスンが月会費30000円ほど、レギュラー会員が10000円ほどになります。会員として入会をしないビジターとしての練習は、30分1000円ほど、60分は1500円ほどです。これはあくまでもおおよそのインドアゴルフ場の平均的な相場で、入会金や月額料金は練習場によって前後するので利用前にはよく確認しておいてください。

上達の近道

ゴルフをする人

ゴルフの上達の近道と言えるのがゴルフレッスンです。ゴルフレッスンはプロゴルファーが指導するものから教える事に精通したレッスンプロが教えるものまで多種多様なタイプがあります。レッスンを行う場所もゴルフレッスンに特化したスタジオから打ちっ放しが行える練習場、更にはゴルフ場まであらゆる場所で行われています。東京の都心部の様に練習場やゴルフ場が無い地域の場合は屋内の雑居ビルの1室でレッスンが行われる傾向が高く、仕事帰りなどでも立ち寄りやすい様に交通アクセスの良い駅の駅前に立地しているケースが多いと言えるでしょう。新宿や渋谷、池袋など東京都内の山手線沿線を中心に東京都内各所に広く展開が行われているので、神奈川県や埼玉県など近郊に住んでいる方も気軽に利用が行える環境です。ゴルフレッスンで行われるレッスン内容としては初心者の場合、グリップの握り方やフォームから教え始め、上達をしていくと機器を利用してボールの軌道やスイングの癖、ミート率などを計測して指導を行なっていくのが一般的です。なお、東京都内の様な雑居ビルの中にあるインドアのゴルフレッスンスクールでも、オプションとして実際のコースで指導するラウンドレッスンを行なっているケースもあるので、スクール選びで悩んでいる場合はラウンドレッスンの有無で判断するのも良いでしょう。実際にラウンドしながらで無いと学ぶ事が出来ない点も多々あるので上達を目指す方は積極的に活用しましょう。

祝賀会費用に困る場合も

ゴルフをする人

ホールインワンを達成した時に祝賀会などのお祭り騒ぎをするのは日本だけなのだとか。海外では通常軽いパーティなどをするぐらいで終わってしまいます。しかし日本の場合は記念品を作成してゴルフのコンペ仲間などに配ることなども常習化しています。これらの費用は全て自分でまかなわなければならないのです。それで頭を抱える人も多いのではないでしょうか。そこで生まれたのがホールインワン保険です。ホールインワン保険は、ほとんどの場合ゴルフ保険に組み込まれているプランです。ホールインワンをするとそれに関する祝賀会、記念品作成などの費用を保証してくれます。ただしホールインワン保険を請求するには日本のゴルフ場の場合のみ有効です。公式競技の場合は競技委員の証明が必要となります。個人の場合はホールインワンを目撃したキャディーか同伴者の証言がいります。目撃者は保険会社が用意した証明書に署名捺印をして提出します。そのほかにはホールインワンの映像を収めたショットビデオなども有効になる場合もあります。ただしこれは場所や日時、ゴルファーなどがはっきりと分かることが必要です。ゴルファー保険はホールインワン保険のほかにも便利なプランが組み込まれています。ゴルフ場での人身事故の損害賠償や自身の怪我の保証のほか、ゴルフクラブの破損や盗難にも対応してくれます。人から借りたゴルフクラブの保証もしてくれるのです。ゴルファー保険はインターネットで簡単に申し込むことができます。